香蘭女子短期大学

KORAN WOMEN’S JUNIOR COLLEGE

ファッション総合学科

伝統工芸である博多織に関する本学教員のセミナーが福岡商工会議所で行われました

皆さんは、「箱崎縞」をご存じですか?
「箱崎縞」とは、戦前まで福岡市東区の箱崎地区で生産されていた綿織物です。

その「箱崎縞」が75年の時を経て、昨年2021年に本学ファッション総合学科准教授であり、博多織手機技能修士でもある尾畑圭祐先生の手により復元されました。

尾畑先生は、幻の織物と呼ばれた「箱崎縞」をカジュアルな普段着や雑貨に生まれ変わらせ、「箱崎縞」を通じた箱崎の街の活性化も行っております。

その尾畑先生が先月15日にイベントを実施した時の様子をご紹介いたします。

<尾畑圭祐先生>
アメリカの芸術短大、東京の文化服装学院でファッションを学ぶ。服飾デザイナーを務めたのち、博多織の専門学校「博多織DC」で技術を学ぶ。現在、博多織職人としての仕事とともに、香蘭女子短期大学ファッション総合学科で准教授を務め、綿織物「箱崎縞」を復元した生地を使った洋服や雑貨を福岡市博多区にあるギャラリーの「Maison HAKOSHIMA」で販売するなど精力的に活躍中。

HOME
ファッション総合学科
伝統工芸である博多織に関する本学教員のセミナーが福岡商工会議所で行われました