香蘭女子短期大学

KORAN WOMEN’S JUNIOR COLLEGE

ファッション総合学科

第94回装苑賞 本学の学生が大賞を受賞!服に込めた想いとこれからのミライ

日本最高峰のファッションコンテスト 装苑賞

装苑賞は、「若い才能を発見し、世に送り出す」という精神で、新人デザイナーを対象とした公募の日本最高峰のファッションコンテスト。新人デザイナーの登龍門ともいわれており、これまでにコシノジュンコさん、高田賢三さん、山本寛斎さん、山本耀司さんなど数多くの著名デザイナーを輩出している、大変名誉ある賞です。

装苑賞 YouTubeリンク

全国の服飾専門学生や、アパレル分野で活躍する一般の方など、日本全国からの数多くの応募の中から、本学ファッション総合学科 テクニカル専攻科の岡本尚美さんの作品が第94回装苑賞の大賞として輝きました。

作品のテーマは「四次元の可視化」

作品のインスピレーションは、三次元空間に時間を出現させると四次元空間が生まれるという、相対性理論から発想したもの。壁のゆがみなどを可視化するPETシートを用いて、体の部位に合わせて切り込みを入れることで立体的に製作しました。年齢による人体の移ろいからある一瞬を切り取り、体のラインを色の変化で見せることで、人生の一瞬の時間を表し、からだの動きで変わる色は、時間の経過とともに変わる女性の美しさを表現しています。

まだ誰も見たことのない服作りを

―岡本さんへのインタビューを一部抜粋―
自分のこだわりとして、服として使われていない素材を服の素材として使ってみたいと考えています。本来は服としての素材ではないような素材を用いたり、新しいものを作ることに貪欲にチャレンジすることに、今は一番力を入れています。
まだ見たことのない服作りがしたいですね。今までにない素材などを探すためにも、これからもますます視野を広げながら、新しいファッション作りに取り組んでいきたいと思います。すでに多くのファッションが存在している中で新しいものを作り出すことは容易ではないですが、自分の中だけで服作りを完結せず、これからも社会に目を向けながら、自分自身が感じたことを服にメッセージとして込め、伝えていきたいです。

香蘭から全国、世界へ

岡本さんは2021年3月に本学を卒業後、装苑賞での審査員の一人であるアンリアレイジのデザイナー、森永邦彦さんのもとでアシスタントデザイナーとしてアンリアレイジに入社。2021年3月より展開している、オンワード樫山との協業により誕生したアンリアレイジのニューブランド「ANEVER(アンエバー)」の衣装ビジュアルへの制作参加を果たしました。「ANEVER」におけるニューアイテムの紹介とともに、森永さん、岡本さんの対談の様子が装苑ONLINEにて公開されています。
記事はこちら

ブランド広告にはアートディレクションに吉田ユニさん、モデルとして平手友梨奈さんを起用し、話題となっています。
ANEVER 2021SPRING COLLECTION

本学は、これからも「ファッションの香蘭」として、世界で活躍する人材を輩出して参ります。

HOME
ファッション総合学科
第94回装苑賞 本学の学生が大賞を受賞!服に込めた想いとこれからのミライ