保育学科

  1. TOP
  2. 学科紹介
  3. 保育学科

学びの特長

授業風景「理論」「実技・技能」「演習」 学びの3本柱をしっかり修得

「概論」「原理」などの理論的内容と、「音楽(ピアノ)」「幼児体育」「創作活動」などの実技・技能的内容、そして「現場実習」が本学科の学びの大きな柱です。学内で学んだ理論や技能を学内外の幼稚園や保育所・その他の児童福祉施設で行う実習に生かすことで、さらなる理解や実践力の定着につなげていきます。
また、一流の専門家の才能に触れる機会として、“専門教育にかかる催し”を開催。例えば、パントマイム観賞や命と子育てについての講演などで、豊かな表現力や保育のあり方を異なる視点から見つめる力を養います。

実習風景充実した実習&研修制度で即戦力として活躍できるように

本学科の大きなメリットは、3つの附属幼稚園で実習を重ねられることです。学生たちは1年次夏前から附属幼稚園、1年次末には保育所、児童福祉施設で実習を行います。2年次では学外の幼稚園と保育所もしくは児童福祉施設で実習を行います。現場で考えたことや感じたことは授業で報告。先生方から専門的なアドバイスを受け、それまでに修得した知識と照らし合わせながら、卒業後、より良い保育者となれるよう磨きをかけます。
さまざまな現場実習を重ねる中で、将来のイメージを描きやすくなるため、進路決定もスムーズに行われます。

「学科の特長」をもっと見る

保育学科ブログ

2017年08月12日

新任保育者研修会 201...

「新任保育者研修会 2017」の画像

8月6日(日)、今年の3月に本学を卒業した保育者対象の「新任保育者研修会」が開催されました。4月から保育者になられた皆さんが多数参加...

続きを読む

  • ファッション総合学科
  • テクニカル専攻科
  • 食物栄養学科
  • 保育学科
  • ライフプランニング総合学科

ページの先頭へ戻る