香蘭女子短期大学

保護者の皆様へ

後援会

KORAN WOMEN’S JUNIOR COLLEGE

  • 就任のご挨拶 後援会会長:南里 威

     猛暑の候、皆さまにおかれましては、益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。
    この度、本会の会長に就任いたしました南里と申します。

     まずは、なにをおきましても、前会長のこの1年間のご尽力に心より感謝を申し上げます。
    昨年度に多くの実績を重ねてこられました前会長の後任ということで、至らない点も多いかと思いますが、前会長の功績を無にしないよう任期を精一杯やりぬこうと思っております。これから1年間、3名の役員様を始め、会員並びに教職員の皆様のご指導ご協力を賜りながら、本会の運営に取り組んで行きたいと考えております。どうぞ宜しくお願いいたします。

     さて、本会は、総則にありますように香蘭女子短期大学における教育に関する諸活動ならびに学生の諸学習活動を後援し、教育の向上発展に寄与する事を目的として組織され運営されています。その総則のもと学生の皆さんがより良い環境で学業に専念出来るよう、また充実した学校生活を過ごせるように、様々な支援活動に活用して参りたいと考えております。

    ~新しい生活様式へ~

     2020年は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界中に広がり、社会生活に大きな影響を与えています。この度の新型コロナウイルスに罹患された皆様、感染拡大により生活に影響を受けられている皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。また、医療の最前線で新型コロナウイルス感染症に立ち向かう医師や看護師をはじめとする医療従事者の皆さま、国民生活の産業基盤を支えておられる方々には、心から感謝申し上げます。

     昨年度末から日本でも新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、多くの学校で卒業式や入学式などの行事が中止となりました。新たな感染症の為、ワクチンや特効薬がないことで、社会全体の移動や人と人との接点が抑制され、日本だけでなく世界全体で経済が停滞し、先行きが読めないことが人々を不安にさせています。現時点では終息の目途も経っておらず、新しい生活様式が強いられています。学生の皆様においても新生活、学業、就職に大きな不安を抱えていると思います。

     そこで、今こそ本学建学の精神「いかなる困難な場にあっても、創意・工夫を大切にし、人を愛し、人から愛される自立した女性の育成」に基づくことで、この先どんな時代になっても生き抜くことができるように、本学と連携しながら支援していかなければならないと強く感じております。本学は、能力を培うための最適な環境が備わっており、就職には就職サポート体制があり恵まれた環境ではございますが、今まで以上のご支援をお願いしたいと思います。そして来春、関係者の皆様が笑顔で迎えられる1年になると信じています。

     最後になりますが、今後の後援会活動が可能な限り例年通り実施が出来るよう、後援会会員の皆様におかれましては、引き続きご理解、ご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

  • ご挨拶 学長:坂根 康秀

     盛夏の候となりましたが、会員及びご家族の皆様におかれましては、ますますご健勝にてご精励のこととお喜び申し上げます。
     かねてより、本学の教育活動に対し、物心両面の温かいご支援とご協力をいただき誠にありがとうございます。教職員を代表して、厚く御礼申し上げます。

     さて、本年度は新型コロナウイルスの感染防止のため学校教育にも大きな足かせがかけられました。本学におきましても授業開始の遅れ、授業実施の変更、そして3密を避ける取り組み、学校行事の縮小・中止など、これまで予想すらしていなかった事態に直面しております。特に新入生に対しましては、例年実施しております歓迎会や体育大会の中止、そしてまったく顔を合わせることなく遠隔授業や特別課題の取り組みを実施せざるを得ない状況でした。
     対面授業は学生たちの顔が見えるため、授業が理解できているかどうかを先生が判断しやすく、理解が乏しいと思われれば、その場で対応できるというメリットがあります。しかし、これからは工夫を凝らし、遠隔授業にも取り組む必要があるようです。今回のような新型コロナウイルス感染防止のためには遠隔授業が安全・安心ですが、それで人間性が十分育つのだろうかと一抹の不安もあります。先生との直接対話や学生同士の触れあい、学びあいがあってこそ人として成長できる面があるのではないかと思います。

     一方、新型コロナウイルスの影響で、自営業の方はもとより、多くの世帯で経済的に厳しい状況に直面しているものと拝察し、お見舞い申し上げます。また、日本経済、世界経済は感染防止のための活動自粛により、不況が進行しております。このことは、新卒の学生たちの就職環境が悪化することにつながる可能性があります。就職はその時の景気に大きく左右されます。このところ日本経済が安定していたため卒業生の就職は順調でしたが、今年の卒業生に関してどの程度の影響が出るのか非常に気になる点です。特に2年生のお嬢様をお持ちのご家庭におかれましてはご心配のことと存じます。学生たちの就職に関しては本学としてもできる限り支援していく所存です。各ご家庭におかれましてもお嬢様を励まし、援助していただきますようお願いいたします。

     各活動に対して制限が加えられておりますが、学生たちが充実した学園生活を送れるよう教職員一同、創意・工夫して参りたいと存じます。なにとぞご理解いただきますようお願い申し上げます。最後に保護者、ご家族の皆様のご健勝をお祈りしております。

  • 令和2年度「定例役員会」のご報告

    5月17日(日)の後援会定例役員会は、緊急事態宣言が出されていたこともあり、中止とさせていただきました。そのため、旧役員の方々には、令和元年度「事業報告・決算」及び令和2年度「事業計画案・予算」について資料を送付し、規約に従い、前会長一任でご承認いただく形とさせていただきました。また、新役員候補の方々には、個別にご相談申し上げ、役職ご就任をご了承いただいた次第です。

    なお、詳細につきましては、7月中旬発送予定の 後援会報第33号をご参照いただきますようお願い申し上げます。

    • 令和元年度 事業報告

      1. 保護者教職員懇談会の開催
      開催県 福岡 長崎 宮崎 大分 山口 熊本 鹿児島
      対象学年 1,2年生 1年生 1年生
      開催月日 6月23日 2月29日 3月1日

      内容は、修学・就職状況や就職活動に関する留意点等の説明と教職員との個人懇談。
      また、福岡県外の会場では、各県出身の卒業生による就職活動体験の発表会も開催。

      2. 後援会会報第32号の発行
      3. 学生の諸活動に対する援助
    • 令和2年度「後援会」の主な活動について

      1. 保護者教職員懇談会の開催

      6月21日(日)に予定しておりました1,2年生会員対象の懇談会は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から中止といたしました。

      今後の状況にもよりますが、2月末から3月に、福岡・佐賀県外の1年生会員を対象とした懇談会を長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・山口県で開催の予定です。

      *開催日及び会場については案内を郵送(「保護者教職員懇談会」参照)

      2. 後援会報の発行

      年1回(7月)発行

      3. 学生の諸活動に対する援助

      各学科における研修・学習活動及びその発表活動に対する援助

      • ・学外研修に対する援助
      • ・学習成果の発表活動に対する援助
      • ・新入生歓迎会・2年生送別会に対する援助

      全学的な学生の活動に対する援助

      • ・香蘭祭の開催に対する援助
      • ・クラブ(部)活動に対する援助
      • ・学友会活動に対する援助

      学生の就職活動に対する援助

      • ・就職先の開拓活動に対する援助
      • ・学生の就職に関する模擬試験や適性検査等の実施に対する援助
      • ・学生に対する就職関係講演会や先輩との懇談会の開催、その他情報収集と提供に対する援助
      4. 新型コロナウイルス対策

      令和2年度特別事業として、感染防止対策品の購入援助 → 詳細はこちら

HOME
保護者の皆様へ
後援会
大学案内・願書請求